国内最大級のポータルサイトを目指す。

トップ>施設情報>東京都>大田区総合体育館

AFCL
2017.02.28
2017.02.18
ArenaFutsalLeagチャンピオンシップ
ギャラクティコ(葛飾)が優勝

大田区代表ヒカルティコは3位、MOBは決勝トーナメント進出とはなりませんでした。

次回は
打倒葛飾!!

■Pick Up


やはり応援をしてもらえるというのは嬉しいですね。
協会主催のリーグとは違い審判や運営をする必要がないのは家族・予定がある方にとってみると嬉しいですね。






待ちに待った…
2017.02.18
いつもご利用頂きありがとうございます。

先週はついについに!
待ちに待った球技大会が初勝利!!

しかも練習試合合わせて2連勝★

そしてこちらも待ちに待ったAFCLです。

大田区出場チームの優勝を祈願しよう💪

AFCL
2017.02.18
アリーナフットサルリーグチャンピオンシップ
葛飾区スポーツセンターアクセス


■リーグ予定
3月リーグ開催日は以下の通りです。
7日、9日、14日、21日、28日、30日

■個人フットサル 開催日
9日、14日、21日、28日、30日
※時間は別途お知らせいたします。



皆さんお待ちしております。

visporda


K1リーグ優勝は...
2017.02.06
K1リーグの優勝がMOBに決まりました。

2ndステージは本当に強かった。

ゴールランキングにも入賞している酒匂選手、山田選手の両サイドが効いていました。

フットサルは先ずサイドを起点とする攻撃を考えますが、MOBのサイド攻撃を止められるチームがリーグを通してはいなかった。

特に酒匂選手の右サイドは出来上がりつつあります。

MOBは2月18日のAFCLにも出場しますが、この調子でリズムがつかめれば優勝も見えてきます。

是非、頑張ってほしいものです!!



惜しくも2位になってしまったKRFC

リーグ終盤勝星を積んできたがあと僅かに間に合いませんでした。

3rdステージのスタートダッシュを決められれば優勝も見えてきます!


K2リーグは今節チームI・KU・YAが勝利して「大田の輪」が引分け以下で勇者が決まります。

果たして優勝の行方は⁉️

Futsal Championship in Arina大会ルール
2017.02.01
Futsal Championship in Arina大会ルール
① 競技者数 1チーム5人以下の競技者からなる2つのチームによって行う。
退場によっていずれかのチームの競技者が3人未満(ゴールキーパーを含む)になった場合
そのチームは試合を放棄しなければならない。

② 競技者用具 すねあてを必ず着用
メガネ、ピアス、ネックレス、指輪、ヘアピン等の金属類の着用の禁止。

③ 試合時間 予選 前半8分、休憩1分、後半8分のランニングタイム
準々決勝以上 前半7分 休憩1分 後半7分
負傷者によるタイムロスは、審判の裁量で時間を止めます。
タイムアウトは、ありません。

④ キックオフ ボールは、必ず自陣から前に出すこと。いきなり後ろにいる味方にパスしてはいけません。
また、蹴った人は他の人がボールにタッチするまで触れません。
他の人が蹴る前に再びプレーしてしまった場合、その地点から間接フリーキック
この行為が、ペナルティーエリア内の場合一番近いペナルティーエリアラインから間接フリーキック
相手チームは、ボールがインプレーになるまで3メートル以上ボールから離れる。

⑤ キックイン 地上、空中を問わず、ボールの全体がタッチラインを越えた時。
ボールがタッチラインを超えた地点から蹴り入れます。
ボールはライン上に置き、軸足をピッチ内に入れないように蹴りましょう。
敵味方を問わず、誰かに触れない限り得点になりません。
また、蹴った人は他の人がボールにタッチするまで触れません。
他の人が蹴る前に再びプレーしてしまった場合、その地点から間接フリーキック
この行為が、ペナルティーエリア内の場合一番近いペナルティーエリアラインから間接フリーキック
キックインを行うものは、ボールを保持してから4秒以内に行う
相手チームは、ボールがインプレーになるまで5メートル以上ボールから離れる。

⑥ コーナーキック 守備側がボールに触れ、守備側のゴールラインを割った場合
最も近いコーナーアークからのキック
蹴り方はキックインと同じですが、直接得点できます。
他の人が蹴る前に再びプレーしてしまった場合、その地点から間接フリーキック
この行為が、ペナルティーエリア内の場合一番近いペナルティーエリアラインから間接フリーキック
キックインを行うものは、ボールを保持してから4秒以内に行う
相手チームは、ボールがインプレーになるまで5メートル以上ボールから離れる。

⑦ ゴールクリアランス 攻め側がボールに触れ、守備側のゴールラインを割った場合
キーパーは、手で投げましょう。
ペナルティーエリア内にいる味方にパスするとやり直しになります。
直接相手ゴールに入っても得点にはなりません。
他の人が蹴る前に再びプレーしてしまった場合、その地点から間接フリーキック
この行為が、ペナルティーエリア内の場合一番近いペナルティーエリアラインから間接フリーキック
インプレー後、味方の選手から戻されたボールを受けた場合、間接フリーキック
違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う
ボールを保持して4秒以内にゴールクリアランスを行う。行わなかった場合
違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う

⑧ バックパス 一度だけキーパーにボールを戻すことが可能
キーパーは、ペナルティーエリア内でも手を使うことができない。
相手チームの選手に触れる、キックイン、フリーキックのリスタートの条件
をいずれのひとつでも満たせば、再度キーパーに戻すことが可能

⑨ 交代 キーパー以外いつでも自由に交代できます。
交代選手は、プレー中の選手が交代エリアから完全に出てから出ないとピッチ内には入れません
キーパーの交代は、審判に交代を告げてください。
上記違反しますとイエローカードの対象になります。

⑩ 得点判定 ボール全部がゴールラインを越えた時

⑪ 反則と不正行為
直接フリーキック 次の項目を不用意に、あるいは無謀に過剰な力で犯したと判断した場合
ⅰ、相手を蹴る、または蹴ろうとする。
ⅱ、相手をつまずかせる、またはつまずかせようとする。
ⅲ、相手に飛びかかる
ⅳ、肩によるもの含めて、相手をチャージする。
ⅴ、相手を打つ、または打とうとする。
ⅵ、相手を押す。
ⅶ、相手を押さえる。
ⅷ、相手につばを吐きかける。
ⅸ、ボールをプレーしている、またはしようとしているときに、ボールをプレーしようとしてすべる行為
   ただし、不用意に無謀に、過剰な力で行わない限り、自陣ペナルティー内のキーパーを除く
ⅹ、ボールを意図的に扱う
自陣ペナルティーエリア内での直接フリーキックの反則は、相手にPKが与えられます。
間接フリーキック ゴールキーパーの場合
ⅰ、キーパーが、ボールを離した後、ボールがハーフェイラインを越える前、または相手チームに
   触られる前に味方競技者からボールを受けた時
ⅱ、味方競技者によって意図的に、ゴールキーパーにキックされたボールを手で扱った場合
ⅲ、味方競技者がキックインしたボールを、キーパーが手で扱った場合
ⅳ、4秒を越えてボールを手、または足で触れるかコントロールする。
   相手コート内での、ボールに触れたりコントロールしていた場合を除く。
キーパー以外
ⅰ、危険な方法でプレーする。
ⅱ、オブストラクション
ⅲ、ゴールキーパーがボールを手から離すのを妨げる。
ⅳ、競技者を警告、退場させるためにゲームを止めた場合

⑫ 警告 警告となる違反(イエローカードを出す)
ⅰ、反スポーツ的行為を犯す。
ⅱ、言葉、または行動によって異議を示す
ⅲ、競技規則に繰り返し違反する
ⅳ、プレー再開を遅らせる
ⅴ、コーナーキック、キックイン、フリーキックまたは、ゴールクリアランスでプレーを再開するときに
   規定の距離を守らない
ⅵ、交代の手続きに違反する
ⅶ、意図的にピッチから離れる。

⑬ 退場 退場となる違反(レッドカード)
ⅰ、著しく不正なプレーを犯す。
ⅱ、乱暴な行為を犯す
ⅲ、相手競技者、あるいはその他の者につばを吐きかける
ⅳ、意図的に手でボールを扱って、相手チームの得点あるいは決定的な得点の機会を阻止する
ⅴ、フリーキックあるいはペナルティーキックとなる違反で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的
   な得点の機会を阻止する
ⅵ、攻撃的な、侮辱的な、あるいは口汚い発言をする
ⅶ、同じ試合の中で2つ目の警告(イエローカード)を受ける。

退場を命じられた競技者は、以後その試合には復帰できないし、交代ベンチでの着席も許されない。
退場者の補充はできません。

⑭ 反則の累積 直接フリーキックで罰せられた反則(ハンドは、含まない)
前半、後半、それぞれ各チーム3つまで、以後ファールの度にPKになります。

⑮ PK(ペナルティキック) 直接フリーキックとなる反則を自陣ペナルティーエリアで犯した場合
ボールは、ペナルティーキックマークに置く
キーパーは、ゴールライン上にいる
キッカーは、必ず前方に蹴りだし、他競技者が触るまで触れない。
キッカー以外の競技者は、5メートル離れる。

⑯ 特殊ルール 女性、もしくは50歳以上の選手のゴールは2点
キックイン時後ろ、30センチまでOK
第2PKは、ありません
キックオフゴール有り
試合の終了、得点判断は審判の裁量
フィジカルタックルの禁止
ボールコース以外のスライディングの禁止

⑰ リーグ勝ち点 勝3点、負0点、引き分け1点
⑱ 順位判定 最終順位が、同ポイントの場合
1、得失点 2、総得点の多いチーム 3、総失点の少ないチーム 4、勝ち星の多いチーム
5、負け星の少ないチーム

- CafeNote -