トップ>バイブル>エントラリーニャ

オススメ

エントラリーニャとは
エントラリーニャを直訳すると線の中に入るという意味で、フットサル用語ではDFの中に入る。という意味で使います。 サッカーではよく「ギャップ」という言葉を聞くと思いますが、これに似た意味になります。ギャップはフリーランニングでスペースを見付けるという、どちらかというと「スペースを見つける能力」が必要ですが、フットサルの場合はコートが狭く相手のプレッシャーも早いため、スペースが自然とできるということはほとんど有りません。そこでチームとして戦術的に戦略的にスペースをつくる必要があります。その最初の合図がエントラです。
動き方

「エントラリーニャ」という言葉は広く知られるようになってきましたが、まだまだ間違った知識で指導されていることが多くあります。

ここではエントラリーニャの動き方「一人目の動き方」をサポートしてます。この1人目のエントラリーニャはその他の戦術にも繋がるので身につけよう。
メリット
エントラリーニャのメリットとしては、ボールキープ率の向上と攻撃の幅を広げること。エントラリーニャで自分のマークの裏をとるアクションを起こすことが最大の目標です。またマンツーマン・ゾーンディフェンスどちらでも対応が可能です。チームとしてエントラリーニャを基本動作にすることが勝率を高める第一歩となりますので共通認識として浸透させましょう。動き方をしっかりとチェックし勝てるチームを目指そう。